酒井 恒(さかい つね)

1903年05月19日 - 1986年02月22日

経歴


読売新聞社提供

 1903年  5月19日 神奈川県足柄上郡大井町金手に出生
 1924年  神奈川師範学校(横浜国立大学の前身校の一つ)卒業
 1929年  東京高等師範学校理科三部卒業
 1932年  東京文理科大学動物学科卒業
 東京文理科大学附属下田臨海実験所助手
 1938年  東京文理科大学附属下田臨海実験所退官
 岐阜県女子師範学校教諭
 1939年  理学博士(京都帝国大学)
 1943年  神奈川県師範学校(横浜国立大学の前身校の一つ)教授
 1949年  横浜国立大学学芸学部教授
 1952年  第1回神奈川文化賞受賞
 1954年~1955年  横浜国立大学学芸学部長
 1954年~1969年  横浜国立大学学芸学部理科教育岩実験所(真鶴理科教育実験所の前身)所長
 1960年~1961年  横浜国立大学学芸学部長
 1961年  日本甲殻類学会会長(初代)
 1967年  神奈川県立博物館協議会委員
 1969年  横浜国立大学定年により退官
 1970年~1979年  東京家政学院大学教授
 1973年  紺綬褒章受章
 1974年  勲三等旭日中綬章受章
 1978年  神奈川県自然保護協会会長
 1986年  2月22日 逝去(82歳)
 従三位叙位
 2007年  大井町名誉町民

 

 業績

主な著作

  • カニとエビの生活(課外理科文庫刊行会, 1931)*
  • 日本蟹類圖説(Crabs of Japan)(三省堂, 1936)
  • Studies on the crabs of Japan(日本産蟹類の研究)博士論文 学位: 理学博士
    授与大学: 京都帝国大学 授与年月日: 1939年12月1日
    昭和7〜13年にかけて静岡県下田周辺と相模湾で採集された標本に基づいて行った研究で、次の4部から成る。

    Studies on the crabs of Japan. I. Dramiacea. Sci. Rep. Tokyo Bunrika Daigaku. Sec. B, 2 (Suppl. 1): 1-66, 9 pls., 1936
    Studies on the crabs of Japan. II. Oxystomata. Sci. Rep. Tokyo Bunrika Daigaku. Sec. B, 3 (Suppl. 2): 67-192, 2 tabs., 45 figs. & 10 pls., 1937
    Studies on the crabs of Japan. III. Brachygnatha, Oxyrhncha. Yokendo, 193-364, 55 figs. & 22 pls., 1938
    Studies on the crabs of Japan. IV. Brachygnatha, Brachyrhyncha, Yokendo, 365-741, 129 figs. & 70pls., 193
  • 相模湾産蟹類 / 生物学御研究所編(丸善, 1965年)
  • 日本産蟹類(講談社, 1976)その他、多数の著作物あり。(*は、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービス「国立国会図書館デジタルコレクション」により、インターネット経由で閲覧可能。)

昭和天皇の御学友

昭和27年(1952年)11月8日、生物学御研究所で「相模湾産カニ類の特殊性」について約1時間にわたって行った御進講が御縁となり、その後相模湾の海洋生物研究の相談役また御学友として昭和天皇の御採集・御研究の傍らに酒井博士の姿があった。

博士逝去のおり、昭和天皇は御製の中で、亡くなった博士への想いを「船にのりて相模の海にともにいでし 君去りゆきぬゆふべはさびし」と詠っている。

日本甲殻類学会の創設

昭和36年(1961年)4月7日に東京麻布の小田原甲殻類博物館にて、酒井博士を初代会長、Isabella Gordon博士を名誉会長として発会式が行われた。なお、第1回大会は横浜国立大学理科教育岩実験所で開催された。

機関誌「甲殻類の研究(Researches on Crustacea)」が発刊され、酒井博士も多くの研究成果をここに寄せた。現在「甲殻類の研究」は“Crustacean Research”という欧文タイトルで、和文の機関誌“CANCER”とともにオープンアクセス誌(インターネットを通じて誰でも自由に閲覧できる学術誌)として毎年刊行されている。

 酒井コレクション

分類学的研究のために収集したカニ類・タラバガニ類の膨大なコレクションを昭和47年(1972年)、神奈川県立博物館に寄贈。現在は博士夫妻が仕上げた細密画とともに神奈川県立生命の星・地球博物館へ移され、「酒井コレクション」として保管されている。

これにより、博士は昭和48(1973)年6月30日紺綬褒章(公益のため私財を寄付した功績ある者に与えられる勲章)を授章された。

参考文献: 特別展図録「カニの姿:酒井コレクションから」(神奈川県立生命の星・地球博物館, 1999)

 


ページの先頭へ