YNUプラウド卒業生文庫

YNUプラウド卒業生文庫設置趣旨

国際化、情報化など社会が急速に変化している中で、横浜国立大学(以下「本学」という。)に入学した学生を取り巻く学習環境や生活環境も大きく変化しております。その中で将来進むべき道をどの様に考え、何を選択していくか、本学としても様々な側面から学生の学習や研究、生活、進路などを支援しています。
学生はこうした中で、既に卒業された諸先輩の講演を聞いたり、自分の専門外の分野に興味をもったり、友人の話に感化されたり、流動的な社会情勢に直面したりし、自己を見つめ直す機会も多くなっています。
YNUプラウド文庫(以下「文庫」という。)は、将来のことについて考える学生にとって、諸先輩の足跡を通じて様々な示唆や教訓、刺激等を得て、生涯に亘る人生設計や自己実現ができる機会となることを期待して設置したものです。
文庫では、本学の卒業生で社会の各般で活躍されている方や多大な成果を上げられ既に物故者となられた方など、社会的貢献度の高い方々を紹介します。
文庫で紹介します卒業生については、本学同窓会からの推薦協力を得て、本学の設置する委員会において決定しております。
本文庫が、世界をフィールドとして活躍する優れた人材の輩出に寄与するとともに、広く地域社会にも貢献できることを願っております。

平成26年3月27日
横浜国立大学長
鈴木 邦雄

YNUプラウド卒業生文庫の披露式

13_11440_1_1_140418032950
2015年3月27日、附属図書館にて「YNUプラウド卒業生文庫」の披露式が挙行されました。同文庫は、本学を卒業して社会で活躍している方や顕著な成果を上げられた方など社会的貢献度の高い先達の業績を展示紹介することにより、在学生が感銘や刺激を受けて将来の自分の姿を思い描き、生涯に亘る人生設計や自己実現に繋げることを目的としています。初年度の平成25年度は同窓会から推薦された、酒井恒氏、長洲一二氏、櫻井眞一郎氏の3名(いずれも故人)が「YNUプラウド卒業生」として認定され、その業績が展示されています。


ページの先頭へ