桜井 眞一郎(さくらい しんいちろう)

1929年04月03日 - 2011年01月17日

経歴

横浜国立大学生産工学科同窓会提供

 1929年  4月3日 神奈川県横浜市戸塚に出生
 1951年  横浜工業専門学校(横浜国立大学の前身校の一つ) 機械工学部卒業
 清水建設入社(機械部配属)
 1952年  たま自動車工業(プリンス自動車工業の前身)入社 (技術課配属(シャシー設計担当))
 1963年  プリンス自動車工業 乗用車部 車両設計一課課長代理
 1964年  第14回自動車技術会賞「技術賞」受賞
 1966年  (日産自動車とプリンス自動車工業が合併)
 日産自動車プリンス事業部第一車両技術部 第二車両設計課課長代理
 1968年  第四設計部 第二車両設計課 課長
 1976年  第三車両設計部 次長
 1980年  商品開発室 主管担当員(部長待遇)
 毎日デザイン賞受賞
 1984年  商品開発室 車両開発統括部 部長
 1986年  技術車両設計部 部長
 オーテックジャパン代表取締役社長(初代)
 1989年  大阪産業大学非常勤講師
 1994年  オーテックジャパン相談役
 1995年  エス・アンド・エスエンジニアリング代表取締役社長(初代)
 東海大学非常勤講師
 2005年  日本自動車殿堂入り
 2006年  エス・アンド・エスホールディングス代表取締役
 2008年  レンツ・エンパイアメンタル・リソーシズ取締役会長
 2010年  エス・アンド・エスエンジニアリング取締役会長
 2011年  1月17日 逝去(81才)

 

 業績

清水建設時代

  • バッチャープラント(工事現場で正確にセメントと砂利、水を調合し、ミキサーで混ぜ合わせてコンクリートを作る機械)とコンクリートミキサー車(プラントが設置できない狭い場所に、離れた場所のバッチャープラントから生コンクリートを運ぶ車)を日本で最初に開発した。

 

プリンス自動車工業、日産自動車時代

  • 1957年発売の初代スカイラインの開発に携わり、以降2代目(1963年)から7代目(1985年)までのスカイラインの開発責任者であった。
  • 3代目スカイラインの時に、トランクオープナーを開発。他にも、4灯式ヘッドライト、リヤワイパー、テンパータイヤ、ダイバーシティ・アンテナ等、今なら当たり前の自動車装備を開発した。
  • 日本初の本格的な高速レーシングカーR380等を開発した。

 オーテックジャパン時代

スカイラインやシルビア等の独自チューン、オーテック・ザガード・ステルビオなどの開発で注目を集めた。

 エス・アンド・エスエンジニアリング時代

ディーゼルエンジンNOx(窒素酸化物)・PM(粒子状物質)低減技術による排気ガス低減装置を商品化した。これが国土交通省認定の第1号となったデュエットバーンシステムである。

 

賞歴

第14回自動車技術協会「技術賞」を受賞(1964年)

受賞対象: 自動車の給油期間の延長の実用化

自動車技術会賞とは、「自動車工学及び自動車技術の向上発展を奨励すること」を目的として1951年に創設されたもの。創設以来、自動車技術分野の代表的な賞として常に注目を集め、受賞者の功績は非常に高い評価を得ている。

 第26回毎日デザイン賞を受賞(1980年)

受賞対象: スカイラインGTのトータルデザイン

毎日デザイン賞とは、その1年間に優れた作品を制作し、業界に大きく寄与したデザイナーやグループまたは団体を顕彰するために、1955年に創設された毎日新聞主催のデザイン賞。1975年までの名称は毎日産業デザイン賞。

日本自動車殿堂入り(殿堂者)(2005年)

日本自動車殿堂とは、英文名をCommittee of Japan Automotive Hall of Fame、略称を JAHFA(ジャファ)という特定非営利活動法人である。自動車工学者で元芝浦工業大学学長の小口泰平氏が呼びかけ、学識経験者や自動車評論家を中心とする理事・会員約20名、ノーベル賞受賞者の江崎玲於奈氏ら顧問約10名で2001年に発足した。

日本における自動車産業・学術・文化などの発展に寄与し、豊かな自動車社会の構築に貢献した人々の偉業を讃え、殿堂入りとして顕彰し、永く後世に伝承していくことを主な活動としている。

 


ページの先頭へ